発達障害|ADHDの症状や原因、遺伝との関係などについて知りたい方に

sponsored link

はじめに

ADHD,症状,診断,支援
ADHD(注意欠陥多動性障害)のことはご存じですか?

 

このサイトではADHD(注意欠陥多動性障害)について
症状や原因、遺伝や支援方法などのポイントを
わかりやすく解説していきますので、ご家族や
お友達を支援するのにお役立てください。

 

メインコンテンツ

ADHDは、今話題の「発達障害」の1つです。

 

「発達障害」と呼ばれる障害には、幾つかの種類がありますが、ADHDは、今その中でも特に注目されています。

 

ADHDについて疑問をお持ちの方も多いと思いますので、
そんな、ちょっとした疑問をお持ちの方のために、ADHDに関する
情報を集めてみました。

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは何か?

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは、注意力の散漫さ、衝動的行動、多動などを特徴とする軽度の発達障害のことです。

 

ADHDは学校に通っている子どもたちの3〜5%に見られます。一つの事柄に意識を集中するのが苦手だったり、いつもそわそわしていて落ち着きがなかったりします。ADHDは、親のしつけや心の病気が原因ではなく、生まれつきの脳機能の障害です。ADHDの子どもたちは、周囲の人から誤解されたりトラブルを経験することが多く、自信を失ったり絶えずストレスを感じたりしています。

 

ADHDの人によく見られる特徴

 

ADHDの人には、すぐに物を無くしたり集団行動が苦手だったり計画性や判断力に乏しく危険な行動をとるといった特徴があります。

 

ADHDの人には「不注意」「多動性」「衝動性」という三つの主な症状が見られます。日常生活においてこれらの症状は、部屋がいつも散らかっている、時間に遅れる、最後まで物事をやり遂げることができないなどの行動となって現れます。ADHDの人は周囲の人から孤立しがちで、一人で悩みを抱えています。ADHDの治療は、薬物療法や家族の患者に対する対応の変化、認知訓練などを組み合わせることによって行われます。

 

メインコンテンツ

 

サブコンテンツ